So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

Minuit, Chretiens [音楽]

今日の日曜日は三位一体の主日でした。<教会の暦では四旬節から復活節にかけて、イエスの受難、死、復活、昇天、聖霊降臨を記念してきました。聖霊降臨の主日で復活節は終わりましたが、その次の日曜日は三位一体の主日という特別な祭日です。この日は「三位一体」という神学的な教えを考える日というよりも、イエスの受難・死を見つめ、その復活を知り、聖霊降臨を祝ったわたしたちが、大きな救いの出来事を振り返りながら、父と子と聖霊である神の働き全体を味わう日だと考えればよいでしょう。(カトリック東京教区聖書の集いより引用)>

礼拝では、三位一体の主日に就いて具体的なお話はありませんでした。聖霊降臨の後、使徒ペトロが脚の不自由な男の脚を癒した事を題材に、説教が語られました。ペトロはこう言います。<主イエスの名前が脚の不自由な男を強くした。イエスの名を信じる信仰が、この様な事をさせたのです。私達が救われるべき名前は、天下に主イエスの名前の他、人間には与えられていないのです。>救いを与えて下さるのは、唯一つ主イエスの名前だけなのです。主イエスから離れてしまえば、私達は何も出来ません。この言葉を何回でも自分の心の中で繰り返さなければ、本当の<主に頼る信仰>は育ちません。

帰宅して、PCで遊んでいると、何故か、<Minuit, Chretiens>の旋律が、頭の中に流れてきました。A,Adamの作曲したこの曲は、当然、主イエスの降誕を記念する歌なので、降誕節に歌われる歌です。でも、何故か、この曲が心に流れ続けました。




Minuit, chrétiens, c'est l'heure solennelle, Où l'Homme-Dieu descendit jusqu'à nous Pour effacer la tache originelle Et de Son Père arrêter le courroux. Le monde entier tressaille d'espérance En cette nuit qui lui donne un Sauveur. Peuple à genoux, attends ta délivrance. Noël, Noël, voici le Rédempteur, Noël, Noël, voici le Rédempteur ! De notre foi que la lumière ardente Nous guide tous au berceau de l'Enfant, Comme autrefois une étoile brillante Y conduisit les chefs de l'Orient. Le Roi des rois naît dans une humble crèche: Puissants du jour, fiers de votre grandeur, A votre orgueil, c'est de là que Dieu prêche. Courbez vos fronts devant le Rédempteur. Courbez vos fronts devant le Rédempteur. Le Rédempteur a brisé toute entrave : La terre est libre, et le ciel est ouvert. Il voit un frère où n'était qu'un esclave, L'amour unit ceux qu'enchaînait le fer. Qui lui dira notre reconnaissance, C'est pour nous tous qu'il naît, qu'il souffre et meurt. Peuple debout ! Chante ta délivrance, Noël, Noël, chantons le Rédempteur, Noël, Noël, chantons le Rédempteur !

三位一体の主日の根源をもう一度思い起こせという啓示だったのでしょうか。

Mttiwilda Dobbs [音楽]

先日、YouTubeで色んなソプラノ歌手の録音を探していたら、偶然、Mittiwilda Dobbsと言うソプラノ歌手の録音に出会いました。彼女は、1925年にアメリカのジョージア州アトランタに生まれました。彼女は、アフロ・アメリカンです。アフロ・アメリカンのクラシック畑の歌手と言うと、Leontyne Priceを代表するように、ドラマティコやリリコ・スピントの歌手を想像しますが、Dobbsは生粋のリリコ・レッジェロの声を持つソプラノ歌手です。1950年代に国際的に活躍した歌手で、今では、カタログに残っていませんが、録音も可也したそうです。彼女は、1960年代から1980年前後まで国際的に活躍した同じアフロ・アメリカンのソプラノ・リリコ・レッジェロのReri Gristの先駆者と言えるでしょう。

Dobbsは、基礎のしっかりした発声技術と長いブレスコントロールと盤石なコロラトゥーラの技術を持つ可也レヴェルの高い歌手です。また、、発音も明確で旋律に言葉が飲み込まれる事がありません。この様なハイレヴェルの歌手が、現在忘れられている事を残念に思います。彼女の存在がなければ、Gristも国際的名声を得る事も無かったでしょうし、その後を継ぐ存在のKathleen Battleも世界的に活躍する事も出来なかったでしょう。現在名声を得られている歌手達のルーツを辿っていけば、ちゃんとした先駆者の歌手がいるのです。その事を忘れないようにしたいものです。


Ebe Stignani [音楽]

最近、第二次世界大戦中から戦後に掛けて、イタリアオペラ界を支えた歌手に興味を持つようになりました。最も興味を持っている歌手は、戦後Maria Callasとも屡共演したMezzo SopranoのEbe Stignaniです。彼女は、奥行きのある暖かい声と堅実な歌唱技術を持ち、装飾技巧にも秀でていました。声域もMezzo SopranoからSopranoのテッシトゥーラまでカヴァー出来る広さを備えていました(彼女がSopranoの役を手掛ける事はありませんでしたが)。音楽造形もしっかりしており、常に安定した歌唱を聴かせてくれます。1940年代から1950年代半ばまで、イタリアに於いて、彼女は、イタリアオペラ界の重鎮として尊敬されていました。Giulietta SimionatoやFedora Barbieriの出現で、彼女はそのポストを彼女達に譲る事になるわけですが、彼女の歌唱芸術は、決して忘れられてはならないものだと思います。

Stignaniは、イタリアオペラからフランスオペラまで幅の広いレパートリーを持っていましたが、やはり彼女のレパートリーの中心は、Verdiの作品でした。









彼女は、Verdiの他にも、Verismo opera 、Belcanto Opera、フランス・オペラも屡演唱しました。





















Stignaniは、その広い声域と盤石な装飾技巧を活かして、Belliniの傑作の一つ<Norma>第一幕第一場でヒロインNormaが歌う<Casta Diva>を録音しました。実際、Normaでは、彼女の役はAdalgisaでしたが、これが中々良い出来栄えなのです。



第二次世界大戦後のイタリアオペラ界のMezzo Sopranoに於ける大立役者として、Giulietta Simionatoが大きくクローズアップされてきましたが、彼女以外にも、第二次世界大戦後のイタリアオペラ界を支えた偉大な歌手達がいた事を忘れてはならないと思います。

バロック舞踏の不気味さ [舞踏]

久し振りのブログ更新です。来る5月4日にバロック舞踏コンサートをする事になりました。貴族の舞踏会用の舞踏・劇場作品の中のEntreeと呼ばれる舞踏・同じく劇場作品の中で曲名が舞踏名になっている舞踏の3部構成です。その中にClavecin の独奏を挟みます。舞踏の数は9作品ですが、バロック舞踏は1作品の長さが短いので、場を持たせる為に舞踏の紹介や作品の背景の話を入れます。本当は、話を入れたくないのだけれど、バロック舞踏を知っている人は少ないので、話を入れる方がバロック舞踏をより深く理解して貰えると思い、話を入れる事にしました。

色々とバロック舞踏をリサーチしていると、今迄気付かなかった事が見えてきてとても勉強になります。こう言う時、YouTube はとても便利なサイトで、様々なバロック舞踏を観る事が出来ます。僕が共感出来ないスタイルの踊りがあったり、目指したいと思うスタイルの踊りがあったりします。色々とバロック舞踏の動画を探していたら、将来的に僕が目指したいスタイルの舞踏の動画を見つけました。







バロックとは、19世紀以降の美学研究者が17世紀から18世紀中頃までの芸術の様相を指して作った用語で、<歪な芸術>という意味です。長い間、バロック芸術は様式的で整った芸術と考えられてきましたが、17・18世紀の時代背景・精神・嗜好等を知ると、現代の我々にとって異常と思われる事柄・行動を当時の人達は平気で行っていた事が解ります。この動画も、不気味と感じられませんか?私には、この動画で踊っている人達の様子がとても不気味だと感じられます。この不気味さこそ、私が目指したいスタイルです。<歪な芸術>を再現出来るよう、感性を磨きたいと思います。

アメリカで活動する日本人ダンサー [舞踏]

先程YouTube でバロック舞踏を色々検索していたら、何と日本人男性ダンサーがバロック舞踏を踊っている動画を見つけました。踊っている方は、<福田純一氏>。アメリカで活動しておられるそうです。

http://youtu.be/em6KuXCptPg

http://youtu.be/A6ZhOgN1UKg

彼を指導したのは、Catherine Turocy との事。彼女はNewYork Baroque Dance company のディレクターです(僕は、彼女の踊りを20年程前見た事があります)。

Catherine Turocy

http://youtu.be/bq1pZhJ2EKs

福田氏は、高校生三年生の時にデトロイトに渡り、ジャズとストリート・ダンスを学び、その後、ボストン・コンサバトリーに入学し、様々なダンスを学びました(彼の詳しいプロフィルを知らないので、断言は出来ませんが、クラシックバレエのトレーニングも受けた筈です)。現在は、ブグリッジ・フォアマン・ダンス・カンパニーとペリ・ダンスアンサンブルに在籍しているそうです。彼自身の好きなジャンルのダンスは、コンテンポラリーだとか。

ストリート・ダンスやコンテンポラリーに活動の重心を置いているダンサーは、バロック舞踏に関心を殆ど向けないと思いますが、福田氏は違うのですね。彼の踊りには、ややクラシックバレエに近い動きが見られますが、そう言う事よりも、日本人男性ダンサーが、積極的に、バロック舞踏にも取り組んでいる事自体、高く評価したいと思います。僕も、頑張ってバロック舞踏を勉強し続けようと、思いました。

arata

脹脛を痛めました。 [健康]

昨日の午前中、ダンスの練習をしている最中、右脹脛を痛めました。身体が鈍っているなと感じていたので、身体を柔軟にしようと、練習を始めました。いつものようにストレッチから始め、plie・eleve の練習を繰り返し、身体が温まったところで、本格的にステップの練習に入りました。

やり始めて20分位経った時に、右脹脛に違和感を感じ、<やばい>と思った時には、右脹脛に<ピシッ>と言う痛みが走りました。少しでも右脚を動かすと、痛くてどう仕様もありませんでした。こうなれば、踊りの練習を止めざるを得ません。直ぐに、近所の整骨院に治療の予約を入れ、後は寝てました。

11月の下旬に踊りたい作品の個人レッスンを受ける予定なので、それまでに脚を治しておかなければなりません。脚が治るのかどうか焦りを感じていますが、今無理をすると完治に時間が掛ってしまうので、脚に負担が掛らないように、歩き方に気を付けています。

整体士曰く、<脹脛の筋の一部分が切れているので、それがくっつくまで脹脛を伸ばさないように、またアイシングをコマ目にやって下さい>との事。身体のほんの小さな部分が故障しても、身体全体に大きな影響を及ぼすのですね。身体の造作の不思議さを感じます。

兎に角、今は踊りたい気持ちを抑えて、治療に専念します。

Nino Machaidze [音楽]

一ヶ月ほど前に購入して聴かずじまいだった、グルジア出身の新進ソプラノ歌手Nino Machaidze のリサイタルCDを聴き通しました。先程聴いた、E.Matthews とレパートリーは重なるようですが、Machaidze の声は身体全体から響いてくるややspinto掛った声で、歌唱のスケールも一回り大きく、将来Verdi後期以降(既にGilda やLaurettaを手掛けています)の作品にもレパートリーを広げる可能性がありそうです。1983年生まれと言う事ですから、現在、まだ28歳。スカラ座の研修所で勉強して、2007年にDonizetti の<La fille du regiment>のMarie をスカラ座で演唱してデビューと言う事ですから、凄い実力を持っている事が判ります。

Nino Machaidze 2.jpg

ただ、言葉の発音にやや癖があり、言葉を重要視している聴き手からは、辛口の批評が出されそうです。それでも、この若さでこれだけ完成度の高い歌唱を聴かせてくれるのだから、今の時点の無責任な批判は、的外れだと思います。



西ヨーロッパの音楽は、やはり西ヨーロッパ人が手掛けるのが良いと言う思い込みは、もう時代遅れですね。良い教育・訓練を受けた人材は、その人が一番惹かれるレパートリーを選ぶ権利・自由を持つと思います。これからも、世界各地から国・人種を超えた素晴らしい人材が出現するでしょう。逸材の出現を見ると、まだまだ音楽を聴く事は止められません。

arata

Emma Matthews [音楽]

二週間前ほどに入手したEmma Matthews のリサイタルCD を、今日全曲聴き通しました。彼女の声は、暖かみのあるSoprano lirico ですが、可也声域が広く、至難な装飾技巧を完璧に身に付けており、また抒情的な歌から劇的な歌迄、鮮やかに歌いこなす幅広い表現力を持っています。
普通、Coloratura の歌を聴くと、如何しても華麗な装飾ばかりに耳が引き付けられてしまいますが、彼女の歌は、どんなに難しい装飾技巧を要求される歌であっても、とても音楽的なのです。彼女の歌には、装飾技巧を取り払ったとしても、十分に聴く人の心を惹き付けるしっかりした音楽があると感じました。彼女は1970年生まれと言う事ですから、今年41歳、声楽家として、絶頂期でしょう。今迄、彼女を知りませんでしたが、彼女を知って良かった思いました。

Emma Mtthews.jpg



最近、聴く人を装飾技巧で吃驚させるより、装飾技巧を表現に用いて、歌そのものを聴かせる歌手が増えてきましたね。その20世紀に於ける最初の例は、言うまでもなくMaria Callas ですが、彼女の歌の変革が漸く声楽界に広く行き渡ったと感じます。
このCD は一枚で4200円もしましたけど、購入して良かった思える・聴くに値するCD だと思います。大切にしたいCD が一枚増えました。


古楽器演奏会 [音楽]

昨日、古楽演奏会で演奏しました。18世紀のハンブルグに纏わる作曲家達の作品を選んで、プログラムを作りました。編成は、チェンバロ・バロックヴァイオリン・バロックヴィオラ・ヴィオロンチェロアッラスパラの四つの楽器(ソロでクラヴィコードもありましたが)。僕にとって室内楽は久し振りだったので、緊張はしましたけど、勉強になる事が沢山ありました。

演奏会は、只楽器を弾くだけでなく、ハンブルグの街の由来や、その周辺の都市の話、作曲家の話、楽器の説明等を、演奏の間に挟みながら進行しました。僕にとっても興味深い話でしたが、お客様にも興味深い話だったと思います。だから、退屈せずに演奏会を楽しまれたと思います。

演奏に関しては、反省点は沢山ありますが、取り敢えず、無難に進行した事だけでも、良しとしたいです。古楽器を使ってお客様の前で正式に弾く事は、僕にとって初めての事でしたから。つまり、昨日の古楽演奏会は、僕の古楽器奏者としてのデビューだったのです。楽器の音を響かせるだけで終わってはいけないので、楽曲全体のシェイプ・音のキャラクター・フレージング・装飾音の付け方を考えなければならず、そちらの方の練習が大変でした。でも、それを勉強したお蔭で、音が持っているキャラクターを以前より理解出来るようになりました。それが今回の演奏会の大きな収穫でしたね。

同じメンバーで二回目の演奏会が出来るかどうかは未定ですが、実現出来るようにメンバーは考えています。僕も、また古楽演奏会で演奏したいので、これからも、古楽器の練習を続けたいと思います。

arata

Die Forelle [音楽]

古楽や、ラテン系の言語の作品ばかりを聴いていると、時折、ドイツ語圏の作品を聴きたくなります。その代表が、Schubert の<Die Forelle>です。Schubert 以外書く事が出来なかった、流麗で知的な旋律に耳が惹きつけられます。2分前後の短い時間の中で、雄弁なドラマが描かれるところにも、魅力を感じます。



この曲は、Schubert自身が、ピアノ五重奏曲に編曲していますね。この曲も素敵です。



この<Die Forelle>は、当時多くの人々に親しまれたようで、他の作曲家にも、影響を及ぼしたようです。Franz Liszt がこの<Die Forelle>のヴァリエーションを書いています。



時には、ドイツ語の美しさにも触れるべきですね。

arata
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。